EmailPassword

新着ブログ

  • 2022/4/8
  • 愛する地元タウラージの品質向上に大きく貢献した創設者アントニオ氏!偉大な醸造家ルイジ モイオ氏とともに新時代を築いた南イタリアの代表格!タウラージ村の7つの区画で高品質アリアニコを造り分ける「アントニオ カッジャーノ」突撃インタビュー
  • 2022/4/4
  • 今、注目のブルネッロボーイズの1人!モンタルチーノの北、北東、南東の3つのエリアで異なる個性を表現!カサノヴァディネリ「チェッレタルト」の隣で造る超コスパなIGTも注目の「コルトネージ」突撃インタビュー
  • 2022/3/18
  • サッカーからワインの道へ!パルマFCの監督としてUEFAカップを制したマレザーニ氏が、稀有なテロワールで造り上げる優美で透明感のあるアマローネ「ラ ジュウヴァ」突撃インタビュー
  • 2022/2/18
  • イタリアを代表する食後酒グラッパ!偉大な生産者の搾り滓を用いた単一品種、さらにはクリュまで生産!樽熟成と職人技で高品質グラッパをリードする「マローロ」突撃インタビュー
  • 2021/12/9
  • 6大評価誌イタリア総合得点ランキング第1位「ルベスコ リゼルヴァ」!1950年創業、当時、無名産地ウンブリアを世界に広めた第一人者「ルンガロッティ」突撃インタビュー
  • 2021/11/26
  • 日本人女性初のボルドー醸造家!ペトリュスの伝説的醸造家ベルエ氏お墨付きの自社畑で造るメルロー100%のトップキュヴェ!サンテミリオンから続くプラトー土壌、完全有機農法でピュアな味わいを追求する「シャトージンコ」突撃インタビュー
  • 2021/11/22
  • 1950年創業、ブルネッロ協会設立メンバーとしてDOCG昇格に貢献した歴史的開拓者!ブルネッロDOCGエリアに800haの土地を所有、80haのブドウ畑に2つの偉大なクリュを持ち世界的評価を受ける名家「シルヴィオ ナルディ」突撃インタビュー
  • 2021/11/17
  • バローロ最高クリュの一つ「ブルナーテ」のなんと20%も所有!本拠地「モンソルド」に始まり、バローロ、バルバレスコ、アスティの4つに醸造所を構え、銘醸地の個性を伝統とモダンの融合で表現する名門一族「チェレット」突撃インタビュー
  • 2021/11/2
  • ポッジョディソットやサリクッティで醸造責任者も務めたジュリオ ガンベッリの元右腕ジャンニ マッカーリ氏が新天地に進出し今大注目!『ルカ ガルディーニ』100点を獲得した繊細優美なブルネッロで話題沸騰中の超新星「リドルフィ」突撃インタビュー
  • 2021/10/29
  • 1960年創業、銘醸地ルガーナとヴァルポリチェッラで確固たる地位を築き上げ、伊ワインの品質向上に大きく貢献した「ゼナート」突撃インタビュー
  • 2021/10/29
  • 「カステッリーナ」「ラッダ」「マレンマ」の三つの銘醸地から個性豊かなキャンティクラシコとスーパートスカンを輩出!創業40周年を迎え、時代と共に輝きを増す「ブランカイア」オンラインセミナー
  • 2021/10/14
  • 宮嶋勲氏が解説する「第二次黄金期を迎えるクエルチャベッラの進化系ワイン」!伝説の醸造家ジャコモ タキスの助言で名を馳せ、今やビーガンでのワイン造りを徹底する「クエルチャベッラ」オンラインセミナー
  • 2021/9/29
  • 「ミスターサンジョベーゼ」ベルナベイ氏と共に世界に名を馳せた「フォンタローロ」「ランチャ」!サンジョヴェーゼ100%の不動の地位を確立する「フェルシナ」突撃インタビュー
  • 2021/9/24
  • 「ヴェレノージ」を一代で築き上げたアンジェラ女史の故郷で新プロジェクト「プローペ」始動!DOCGコッリーネ テラマーネ地区の「魔法を起こす」土壌で早くも全世界から最高評価獲得で注目の「ヴェレノージ」突撃インタビュー
  • 2021/9/9
  • アブルッツォ州の約1%しか存在しない山間部ワイン!イタリアで最も美しいポポリ国立公園内にある唯一の造り手として上級モンテプルチアーノを生産する「ヴァッレ レアレ」突撃インタビュー
  • 2021/8/13
  • 自社畑・土着品種・有機栽培で「ここにしかない」テロワールを鏡のように映し出す造り手!地元カンパーニャ愛が詰まった唯一無二のワインを生産する「ファットリア ラ リヴォルタ」突撃インタビュー
  • 2021/8/6
  • 唯一の地元農家としてボルゲリのテロワールを世界に轟かす偉大なカンティーナ!いち早くカベルネ フランの可能性を見出し、飽くなき探求心と情熱で躍進し続ける「レ マッキオーレ」突撃インタビュー
  • 2021/7/29
  • 世界一に輝いた泡の最高峰フェッラーリが「美と善の融合」で挑戦するスティルワイン!国内初の畑管理プログラム“アニマヴィティス”でぐんぐん評価を上げる「テヌーテ ルネッリ」突撃インタビュー
  • 2021/7/12
  • ブルネッロの起源とされるサンジョヴェーゼクローンが生まれた地「ラーモレ」!キャンティクラシコ屈指の標高の高さを誇るラーモレの丘で美しい酸とエレガントさを引き出す「ラーモレ ディ ラーモレ」突撃インタビュー
  • 2021/7/5
  • 一流料理人を虜にする希少オリーブオイル!海と山に挟まれたリグーリアの高い標高の斜面地で条件がそろって初めて造られる「ビアンカルド」の造り手アルドイノ突撃インタビュー
  • イタリアワインの特徴・覚えておきたい3つのポイント

    • 【1】風土や地域性による多様性
      イタリアワインを一言で表現すると「多様性」。イタリア全土で造られるため地方色に富み、様々な個性のワインが多数造られています。

    • 【2】バローロ、キャンティクラシコなどに代表されるDOCG(統制保証原産地呼称)
      イタリアワイン法上、一番上の格付けがバローロ、キャンティクラシコなどに代表されるDOCG(統制保証原産地呼称)で2015年2月現在73銘柄が指定。

    • 【3】イタリア固有のブドウ品種が豊富
      3000年近いワイン造りを誇るイタリアはその長い歴史の中で様々な品種が栽培されるようになり、その数は数千とも言われます。特徴は、土地に根付いた土着品種が豊富で、その土地ならではの個性を持ったワインが造られていることです。
    イタリアワインは「ジャングルの森」と例えられたりすることがあります。これはイタリアが持つ風土や品種、たくさんのさまざまな考えを持った生産者さん達のワイン哲学が融合した結果もたらされるイタリアワインの多様性から、イタリアワインが何か混沌として捉えるのが難しいものと考えられたりすることがあります。そんなイタリアワインの多様性を、お楽しみいただけるよう、様々な角度よりご案内していければと思います。

    【1】風土や地域性による多様性

    イタリアの地図

    南北に長い国土と複雑な地形

    ブドウ栽培が可能な範囲は北緯・南緯ともに30~50度と言われています(温暖化により現在はこれを超える地域でも造られるようになっています)。イタリア全土はすべてこの範囲にあり、そのため最北のヴァッレダオスタから最南のシチリアまでワイン造りが可能なのです。とはいえ、南北に長く、約3分の1が山地で平野部はわずか23%、という土地柄、気候条件も土壌も異なり造られるブドウも違ってきます。

    地域への愛着が強いイタリアのお国柄

    さらに、「イタリア人」である前に、例えば「ピエモンテ人」「トスカーナ人」と考えるお国柄であるため、土地への愛着が強く、その結果地域ごとに特徴の異なる、数えきれないほど多くのワインが造られているのです。

    【2】バローロ、キャンティクラシコなどに代表されるDOCG(統制保証原産地呼称)

    一番上の格付けはDOCG。73銘柄が認定

    イタリアワインを理解する上で、まず名前が出てくる有名銘柄の多くはDOCGに指定されています。代表的なものにバローロ、バルバレスコ、キャンティクラシコ、ブルネッロ ディ モンタルチーノ、などがあります。

    イタリアワイン法上、一番上の格付けがバローロ、キャンティクラシコなどに代表されるDOCG(統制保証原産地呼称)で2015年2月現在73銘柄が指定されています。

    最高ランクの格付けを受けるワインは歴史と伝統があり、一定レベル以上の実績があることが条件で、栽培から醸造、瓶詰に至るまで細かい規定があり、認定機関の厳しいチェックを受けることが義務付けられています。そういう意味で品質が保証されていると言えます。

    同じDOCGでも品質にも幅があります

    その一方、規定さえクリアすればDOCGを名乗れるために、ぎりぎりでクリアするワインもあればはるかに高いレベルで造り込む生産者のワインがあるのも事実。そのため、同じバローロでも3000円台から10万円に近いものまで存在します。

    IGTでも品質の高いスーパートスカンなどの存在

    DOCGに指定されていなくても高品質で評価の高いワインは数多くあり、あえてその銘柄を名乗らない造り手もいます。銘柄だけでワインを選ばず、造られている場所や造り手の哲学なども理解してワインを探すとより多くの素晴らしいワインと出会えることができます。

    スーパートスカンは、「ワイン法の規定内では自分たちが本当に造りたいワインができない」と考える造り手によって生まれたトスカーナの高級赤ワインです。その中心的役割を果たしたのが海岸エリアの「ボルゲリ」と、その昔サンジョヴェーゼ100%でキャンティを造ることが禁止されていた「キャンティ」の造り手たちでした。こうして誕生したのが「サッシカイア」や「レ ペルゴーレトルテ」などです。そしてマッセト、ルーチェなど世界的に知られるスーパートスカンが次々と生まれていきました。

    【3】イタリア固有のブドウ品種が豊富

    EUが認定している品種は402種

    アリアニコイタリアは、3000年近い長いワイン造りの歴史の中で、ブドウ品種も多様な分化が発生し数千ともいわれるブドウ品種に恵まれています。 EUが承認しているブドウ品種は402種(2007年)あり、盛んに栽培されている品種は100種類程あります。 栽培面積では、黒ブドウではサンジョヴェーゼ、バルベーラ、モンテプルチアーノ、白ブドウではトレッビアーノ、カタラット、モスカートビアンコの順に多く、他に、黒ブドウではネッビオーロ、バルベーラ、ドルチェット、コルヴィーナ、白ブドウではコルテーゼ、ガルガーネガ、カタラットなどが代表的な品種です。

    地域ごとに品種の別名が存在

    また、イタリア品種には地域によって別名で呼ぶ品種も多数あります。ネッビオーロをロンバルディアではキアヴェンナスカ、ピエモンテ州北部ではスパンナと読んだり、サンジョヴェーゼをブルネッロディモンタルチーノの栽培地ではブルネッロ、ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノエリアでは、プルニョーロ・ジェンティーレと呼ぶなどが代表的な例といえます。

    イタリアワインの歴史
    イタリアワインのブドウ品種
    イタリアワインの原産地呼称

    ■イタリアの州について

    イタリアには全部で20の州が存在しており、イタリア半島およびその付け根に当たる部分と、地中海に浮かぶ2つの大きな島(サルデーニャ島、シチリア島)からなり、国土北部のアルプス山脈において、フランス、スイス、オーストリア、スロベニアと国境を接し、南西のシチリア島の対岸にチュニジアが、南には旧植民地のリビアが存在します。またサンマリノ、バチカンの領土を取り囲んでいます。首都はローマ。

    トスカニーでは州を単位にワイナリーなどご紹介しております。
    イタリア地図

    ■イタリアの州一覧

    1. トスカーナ
    2. ピエモンテ
    3. ヴァッレ ダオスタ
    4. ヴェネト
    5. フリウリ ヴェネツィア ジュリア
    6. ロンバルディア
    7. トレンティーノ アルト アディジェ
      8. リグーリア
    9. エミリア ロマーニャ
    10. ウンブリア
    11. マルケ
    12. ラツィオ
    13. アブルッツォ
    14. モリーゼ
      15. カンパーニャ
    16. プーリア
    17. バジリカータ
    18. カラブリア
    19. シチリア
    20. サルデーニャ
     
    お買いものガイド
         
     
    ■お支払いについて
    以下お支払い方法より選択できます。
    1. クレジットカード決済
       クレジットカード決済
    情報の安全性(クレジットカード情報の保持)
    当社では、クレジットカード決済システムに「株式会社ペイジェント」の提供するシステムを採用しております。「株式会社ペイジェント」のサービスを利用することにより、当社のサーバー上にはクレジットカード番号等の情報については保持・保有されません。

    2. 代金引換
    3. 後払い
     → コンビニ
     → 郵便局
     → 銀行
    4. PAIDペイド(掛け払い)
      ■発送について
    ・通常、注文日から1日~3日程度(休業日を除いて)頂いて順次発送させていただきます。 お急ぎの発送をご希望の場合は、お電話又はメールでお申し付けください。
    ・予約商品につきましては、発送予定日をご連絡いたします。
    ・ご注文主様とお届け先様のお名前が異なる場合、納品書は同梱いたしません。
    ・宅配便営業所止めへの発送はお受けしておりません。
       
    ■送料について
    本州、四国、九州(沖縄県除く):770円
    北海道:1,100円
    沖縄県:2,750円

    ・ワインよりどり12本単位で1梱包送料無料となります。
     例えば17本の場合、12本×1梱包送料無料、5本×1梱包分は送料がかかります。
     24本の場合、12本×2梱包分送料無料となります。
    ・合計16,500円(税込)以上のお買い物で、常温便1梱包(12本まで)が送料無料になります。
    ・送料無料の条件を満たされた場合でも、1梱包につき北海道330円(税込)、沖縄県1,980円(税込)が加算されますのであらかじめご了承ください。離島の場合は別途料金表をご確認ください。料金表はこちら

      ■プライバシー・ポリシー
    当店では、お客様より頂きました個人情報について、お客様からの同意なく第三者への開示並びに提供はいたしません。

    ■お問い合わせについて
    15時30分までに頂いたご注文については、必ず当日中にご注文確認メールをお送りしております。
    それ以降に頂いたご注文については、翌営業日のご連絡となります。
    (info@tuscany.co.jpのメールアドレスからお送りしております)
    翌営業日を過ぎてもメールが届かない場合は、以下のような原因が考えられます。
    ・メールアドレスの間違い、携帯電話のドメイン指定受信設定
    ・メールボックスの容量オーバー、フリーメールの受信トラブル
    ・迷惑メール(フォルダ)の設定、ウイルスソフトの設定

    メールが届かない場合は「お名前」「受注番号」を下記までご連絡ください。
    ※商品、配送、決済等のご不明な点につきましても下記にて承っております。

    連絡先・お問い合わせ先】
    株式会社トスカニー 東京オフィス
    店長:吉田亜樹子
    TEL:03-6435-1750 FAX:03-6435-1760
    E-mail:info@tuscany.co.jp
    (受付時間 9:00~17:30 休業日 土、日、祭日)
     
         

    当サイトについて | ご利用規約 | 会社概要| 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー